添い乳で寝かしつけても良いの?正しいやり方と注意点

赤ちゃんが泣いてしまうと、添い乳をして寝かしつけてしまおう!というママは非常に多いです。しかし、添い乳をしているとクセになってしまうので、眠りが浅くなってしまうという話もあります。

それでは、添い乳はやってはいけないのか?と言ったら、そこまで気を遣う事はないと思います。ただ、添い乳のやり方にもポイントがありますので、正しい方法で添い乳をするようにしてもらえればと思います。

添い乳のやり方

添い乳はママが寝転がった状態で、起き上がる事なく授乳をする方法になります。赤ちゃんとママが向き合うように横になって、体を密着させてください。赤ちゃんの頭には、タオルなどを敷いて高さの調整をしましょう。

ママの下になっている腕で、赤ちゃんに腕枕をすると疲れてきてしまうので、下側になった腕は曲げて自分の枕の下に入れるとラクです。上側になった腕で、赤ちゃんの首や高等部を支えるようにしましょう。

そのまま授乳をするときは、下側のおっぱいから飲ませていきます。上側のおっぱいを飲ませる時は、ママが体を傾ける、クッションなどで赤ちゃんの位置を調整するなどして、おっぱいに口が届くようにしましょう。

添い乳の注意点

添い乳には、いくつかの注意点がありますので、気を付けながら実践してください。

赤ちゃんの窒息

添い乳をしていると、赤ちゃんの鼻をおっぱいで塞いでしまうことがあります。すると口も鼻も塞がってしまうので、赤ちゃんは呼吸ができなくなって窒息する可能性があるのです。

ママのおっぱいが鼻を隠してしまわないように、赤ちゃんの位置をタオルなどで調整しながら、上手に添い乳をしていきましょう。

げっぷができない

添い乳をしながら眠ってしまうと、赤ちゃんはげっぷをせずに寝ることになります。普段から吐きやすい赤ちゃんであれば、添い乳をしてもげっぷを出させてから寝かせるようにしましょう。

中耳炎のリスク

添い乳をしていると、赤ちゃんが吐いたときや、飲みきれなかった母乳が耳管に入ってしまい、中耳炎になる場合があります。ですから、耳の中に母乳が入らないように、気を付けて見てあげましょう。

虫歯のリスク

乳歯が生えて、離乳食のカスが残っている状態で添い乳をすると、虫歯のリスクが高くなると言われていますので、この頃になったら添い乳も終わりを考えた方がいいかもしれません。

乳腺炎のリスク

赤ちゃんが泣いたら、寝かしつけの時間はいつも添い乳というルーティーンになっていると、同じ姿勢で授乳を続ける事になります。こうなると、決まった乳腺からしか母乳が出ていかないので、残った乳腺の中に古い母乳が溜まってしまい、乳腺炎になる可能性が高くなります。

添い乳はクセになる?

添い乳をするとクセになってしまうと言われているのですが、夜中に1~2回程度の添い乳であれば、やっても大丈夫だでしょう。それで赤ちゃんがすんなり寝てくれるのであれば、ママの体力も温存できますし、母子にとってメリットがあります。

しかし夜中に頻繁におっぱいを求めて泣いている赤ちゃんであれば、添い乳がクセになっています。

赤ちゃんは40~60分ごとに眠りが浅くなるので、そのタイミングで起きて泣いてしまう事があります。そのたびに、添い乳をしているとクセになってしまいますので、おっぱいが無ければ眠れなくなっていきます。

ですから、本当に母乳が足りなくて泣いている場合以外であれば、添い乳をするのは極力避けた方がいいと思います。ただ、先ほど言いました通り、夜中の1~2回程度であれば、クセになることはほとんどないので、気を遣いすぎなくても大丈夫です。

添い乳以外の寝かしつけを試そう!

母乳育児をしていると、おっぱいをあげるのが日常になっているので、添い乳をして寝かせるのも違和感なく出来るものです。しかしクセになるという事もありますので、他の方法で寝かしつけられるのであれば、他の方法を試してみてください。

寝る前の儀式

これから寝る時間に入ります!という入眠前の儀式を決めてみましょう。子守唄を歌ったら寝る時間、物語を聞かせてあげたら寝る時間、というように毎日同じ入眠儀式を繰り返すと、赤ちゃんも体で寝る時間を覚えてくれます。

安眠グッズを見つける

添い乳がクセになっている赤ちゃんは、おっぱいが安眠グッズになっています。そこで、おっぱいではなく、気に入ったおもちゃ、ぬいぐるみ、タオルなどを一緒に寝る時の安眠グッズにしてあげましょう。

寝る時も起きたときも、ずっと側にいる安眠グッズを見るだけで、赤ちゃんは安心してくれるようになります。

赤ちゃんに触れる

赤ちゃんのお腹、お尻をトントンしてあげることや、ぴったり密着してあげることで、安心して眠ってくれるようになります。

生活リズムにメリハリ

朝は遅くても7時までに起きて、昼間はたくさん体を使って遊ばせてください。そして夜は20時までには布団に入れるようにしましょう。寝る時間の30分前から部屋を暗くして、入眠モードに入るのも重要です。

上記で紹介した寝かしつけでも、赤ちゃんが添い乳を望んでいるようであれば、添い乳を続けてあげてもいいでしょう。毎日毎日泣き止まないことで、ママがストレスを感じてしまうので、お互いのためにも添い乳をする方がいいとなれば、継続しても大丈夫です。

卒乳をして成長をしていくことにより、いつか添い乳はいらなくなりますからね。

Copyright (C) 2017 ハウツー母乳育児 All Rights Reserved.