授乳中の代表的なトラブル!乳腺炎の症状や原因、改善方法

母乳育児をしていると、どうしても「乳腺炎」が付いてまわってしまいます。授乳をしているママのおっぱいが、腫れる・しこりができる・熱がでるなど様々な辛い症状に見舞われてしまうのです。

では、乳腺炎というのは、いったいどんな症状が出て、どんな原因により引き起こされてしまうのか?予防や改善方法についてもご紹介していきたいと思います。

これから母乳育児に挑戦しようというママたちに、ぜひ知っておいてもらいたい乳腺炎の情報です。

乳腺炎の症状

乳腺炎というのは、乳腺が炎症を起こしている状態をいいます。最初に感じるのは、「おっぱいの痛みと、しこり」です。症状が悪化していくと、パンパンに張ってしまうので、先輩ママたちは「岩のようだ」なんて言っています。

痛みやしこりとともに、発熱の症状がでることもありますし、人によって症状も重症度も異なります。ちなみに、授乳をしている人の2~3割が乳腺炎になっていることが分かっています。

  • おっぱいが硬く張る
  • おっぱいが熱をもっている
  • おっぱいに、しこりができる
  • おっぱいを押すと痛い
  • おっぱいが赤くなる
  • 頭痛、寒気、関節痛、熱
  • 腕を上げると、おっぱいが痛い
  • 黄色っぽい母乳が出てくる

こんな症状が授乳中に現れたら、乳腺炎になっている可能性が高いです。

乳腺炎の原因

乳腺炎というのは、2つのタイプがあります。授乳中のママに多いのは、「急性うっ滞乳腺炎」というタイプになります。

もう1つは、「化膿性乳腺炎」というタイプになります。それぞれに原因が異なりますので、詳しく見ていきましょう。

急性うっ滞乳腺炎

乳腺に母乳が溜まってしまい、そこから炎症を起こす症状です。主な原因は、3つありますのでご紹介します。

  • 赤ちゃんの母乳の飲み方に偏りがある
  • 授乳感覚がバラバラ、母乳の飲み残しがある
  • 姿勢の悪さやキツいブラジャーで胸部が圧迫される

化膿性乳腺炎

細菌が入り込んでしまい、乳腺が炎症を起こす症状です。赤ちゃんの口から、おっぱいに細菌が入ってしまったり、急性うっ滞乳腺炎が悪化して化膿性乳腺炎になる事があります。

乳腺炎の予防方法

辛い乳腺炎にならない為には、予防をするしかありません。

もちろん予防をしていても、乳腺炎になってしまうママもいますが、何もしないよりかは予防をした方が、乳腺炎にならない可能性は高いですので、良かったら実践してみてください。

授乳方法を工夫してみる

乳腺というのは、乳首を中心として放射線状に広がっていますので、片方のおっぱいだけや、毎回同じ抱き方で授乳をしていると、母乳が排出されなくなってしまい、乳腺に一部の母乳が残されたままになってしまうのです。

そうなれば、乳腺が詰まりやすくなりますので、乳腺炎を悪化させることになります。

ポイントとしては、赤ちゃんを抱っこするときは「横抱き」「縦抱き(赤ちゃんと向き合う)」「フットボール抱き(ラグビーボールを抱える感じ)」など、意識をしながら抱き方を変えると、全ての乳腺の通りがスムーズになりますので、乳腺炎を予防できます。

それから、左右のおっぱいを同じだけ赤ちゃんに吸ってもらうのもポイントです。しっかりと意識をして、バランスよく左右のおっぱいで授乳をしてください。

胸を圧迫しないようにする

胸を圧迫すると、おっぱいの循環が悪くなるので、乳腺に母乳が詰まりやすくなってしまいます。

授乳中のママのおっぱいというのは、妊娠前の下着では収まりきらない大きさになっていますので、同じものをつけていると胸が圧迫されてしまうのです。ですから、授乳中は「授乳ブラ」をつけるのがおすすめです。

それから、寝る時には横向きになると下になったおっぱいが、乳腺を圧迫してしまうので、乳腺炎の原因になります。ですから、仰向けで寝るようにするといいでしょう。横向きが良いという場合には、出来るだけ頻繁に、左右に寝返りをするように意識してください。

乳腺炎になったらどうすればいい?

乳腺炎になってしまったら、どう対処すればいいのか、ご紹介しましょう。

しこり

まずは、「しこり」が出来て軽く痛むという場合には、母乳を出してあげて乳腺の詰まりを解消してみましょう。しこりの部分を軽く圧迫して、自分の手で搾乳をすると、しこりが小さくなったり痛みが軽減したりします。

ただし、おっぱい全体を動かしてマッサージするようにしてしまうと、母乳を作ろうという作用が働くので、乳腺炎が悪化する場合があります。

熱

おっぱいが熱を持っていて熱く感じている場合には、濡れたタオルや冷却ジェル、保冷剤などを使って冷やしてください。しかし冷やし過ぎは、あまりよくないので適度にひんやりする程度に抑えておきましょう。

昔ながらの知恵として、キャベツの葉っぱをおっぱいに貼って、さらしを巻くという方法もありますので、試してみてください。

硬くなる・高熱が出る

おっぱいがカチカチになってしまって、母乳を絞る事ができない状態や、高熱が出てしまった場合には、マッサージをするのはやめてください。

入浴も出来れば避けてもらって、そのまま病院を受診してください。

Copyright (C) 2017 ハウツー母乳育児 All Rights Reserved.