母乳育児のメリット・デメリット

母乳育児には「メリット」があると言われていますが、いったいどんな良い事があるのでしょうか?そして「デメリット」はないのか、という部分も気になっていると思います。

そこで今回は、母乳育児のメリット・デメリットについてご紹介をしていきたいと思います。

母乳育児のメリット

母乳育児というのは、母乳によるメリットと授乳行為によるメリットの2パターンから良い影響を受けています。

母乳には、「栄養バランスが豊富」「免疫物質を含む」といメリットがあります。

授乳行為には、「母と子のスキンシップ」「産後の母体の回復を促進する」「赤ちゃんの顎が強くなる」と言ったメリットがあります。それでは、もう少し詳しくメリットを紹介しましょう。

赤ちゃんへのメリット

  • お母さんと密着をしているので、安心感を得る事ができる
  • 母乳から「生きた細胞」と言われる「免疫細胞」をもらえる
  • アレルギーを予防することができる
  • 顎を強くして成長を促進させる
  • 乳幼児突発死症候群の予防になる

母親へのメリット

  • 赤ちゃんとの「愛着形成」が促進されていく
  • 子宮収縮が促進されて産後の回復が早くなる
  • ミルク費用がかからない
  • 乳がん、子宮がん、卵巣がんの予防になる
  • ミルクを作る時間と労力が不要
  • 産後のダイエットに効果的
  • マタニティブルーを軽減する効果がある

こうやって見てみると、母乳育児のメリットというのはかなり大きな影響を与えてくれることが分かりますね。それでは続いて、母乳育児のデメリットを見ていきましょう。

母乳育児のデメリット

母乳自体にデメリットがあるというよりかは、授乳をすることによる「生活で感じる不便さ」にデメリットを感じているママさんが多いです。

  • ミルクよりも腹持ちがしないから、授乳回数が多くなる
  • 外出先で授乳をする場所が見つからなくて困る
  • 完全母乳にすると、赤ちゃんを預けたときに哺乳瓶を受け付けなくなる
  • 乳腺炎のリスクが増える
  • 食事を摂るようになっても、卒乳がなかなかできなくなる
  • 母乳に影響がでる薬などを飲むことができなくなる
  • 授乳の体勢により肩こりや腰痛が起こる
  • 母乳の分泌が悪いと赤ちゃんの体重は増えない
  • 乳頭が痛むなどのトラブルが起こる

このように、母乳育児のデメリットというのは、ママが感じる不便さがほとんどだという事が分かったと思います。母乳のメリットを優先するのであれば、上記のようなデメリットは目を瞑るしかありません。

しかしながら、これらのデメリットは赤ちゃんの体に大きな悪影響を及ぼすようなものではないので、ママさんの頑張り次第で乗り越えられるものだと思います。

母乳育児に興味があるママさん、生まれてきた赤ちゃんは完全母乳で育てていきたいと考えているママさん、メリットとデメリットを比較しながら、自分が無理せず母乳育児ができるのかどうかを考えてください。

デメリットを克服できるのであれば、母乳育児のメリットはとても素晴らしいものなので、是非チャレンジしてもらいたいなと思います。

Copyright (C) 2017 ハウツー母乳育児 All Rights Reserved.